採用情報 ご来店予約
登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます
トップ >タウン情報 詳細

※画像はイメージです

子育ては平屋がおすすめ!3つの理由やママに人気の間取りをご紹介!

2023-05-25

はじめに

子育てに忙しいご家庭には、平屋がおすすめです。

平屋は2階建て住宅よりも家のなかの隔たりが少ないため、家事や仕事をしながら子どもの様子を見渡せます。

間取りを工夫すれば、家事も捗り、子どもとゆっくり過ごす時間の確保ができるでしょう。

今回は、平屋が人気の理由や平屋作りで後悔しないためのポイント、ママに人気の間取りなどをご紹介します。


子育てママに平屋が人気の3つの理由

子育てママたちに平屋が人気な理由は、以下のとおりです。

①子どもに目が行き届く
②家族が自然と集まる
③家事の負担を減らせる

平屋は2階建て住宅よりも家のなかの隔たりが少ないため、家事や仕事をしながら子どもの様子を見渡せます。

そして、全員が同じ階で過ごすため、自然とリビングに家族が集まるでしょう。

また、2階建て住宅は、洗濯や掃除の際に階段の上り下りが必要です。

平屋は家事をこなす際に移動が少なくて済むため、家事を効率よく進められ体力や精神的な負担が減らせます。

家事の負担が減ると、子育てに集中できるなど良い点が多いです。


平屋作りで後悔しない3つのポイント

平屋作りで後悔しないポイントは、以下のとおりです。

①土地や敷地は慎重に選ぶ
②防犯対策を徹底する
③間取りを工夫する

土地は、場所により高低差があったり変形地だったりなど個性があります。

デメリットをメリットとして活かせば、個性的な土地でしか楽しめない特別な家づくりが可能です。


そして、人通りが多い場所に家を建設する際に気になるのは、周囲からの視線。


塀などで目線を遮る、カーテンを設置する、窓の位置を工夫するなどの対策で、視線を上手く遮りましょう。


平面の広さが増えた分、住居の中心部に太陽光や外気が届きにくいため、吹き抜けや天井窓などで採光性を高める、通風性の確保ができるように設計するなど工夫が必要です。


子育てにも安心!ママに人気の間取り

子育て中のママに人気の間取りを3つご紹介します。

①リビング近くにスペースをつくる間取り
リビングやキッチン横にスタディスペースを設置すれば、子どもの勉強の様子をそばで見守るスタイルが完成。

畳など床の素材を工夫すると小さい子どもが安全に遊べる場所に。

オムツ替えやお昼寝スペース、急なお客様の対応などで活用できるでしょう。

②家事動線を考慮し「回遊性」ある間取り
回遊性のある間取りとは、行き止まりの少ない間取りを指します。

キッチンから水回り、洗濯から収納などの動線を良くすると、料理や洗濯などの家事効率がアップ。

ただし、回遊通路のスペースを確保しなくてはいけないので、スペース周辺の他の部分が狭くならないよう注意しましょう。

③「掃除のしやすさ」を考えた間取り

掃除のしやすい間取りのポイントは、以下のとおりです。


・清掃性の高い素材選び
・清掃用具の収納スペースの確保
・コンセントの数と位置


水回りには、耐水性が高く汚れを拭き取れる床材を選びましょう。

つなぎ目の少ない床材は、ゴミが溜まりにくく綺麗を保てます。

リビングや廊下、階段の下など通る頻度の高い位置に掃除用具収納を設置すれば、掃除から片付けまでをスムーズにでき便利です。

また、掃除機をかける際の動きをシュミレーションし、コンセントの必要数や位置を確認しておきましょう。

間取りは見た目の良さだけでなく、掃除やお手入れ、メンテナンスについて考えておくと、後悔を防げます。


まとめ

子育て中のママには平屋がおすすめです。

平屋は2階建て住宅よりも家のなかの隔たりが少ないため、家事や仕事をしながら子どもの様子を見渡せます。

間取りを工夫すれば、家事も捗り、子どもとの時間や自分の時間を確保できるでしょう。

新しい家の購入に悩んでいる方は、ぜひ平屋を検討してみてはいかがでしょうか。